『わかった』から『身につく』へ

 

※『eトレ』とは、コンピュータを利用した個別学習システムのことで、
 次のような特長があります。
  『好きな時間に』『好きなだけ』『好きな教科もきらいな教科も 』勉強できる
 自習用のシステムです。中学生は高校入試対策に、定期テスト対策に、
 苦手教科の克服にと大活躍するはずです。
 小学生は国・算だけでなく英・理・社の勉強もできます。

 

@いつでも利用できるので、自分の空いている曜日・時間を選んで勉強できる。
A苦手な教科は前の学年にもどって学習できる。(5教科に対応)
B学習のまとめ(ラーニング)がついているので、自習がスムーズに進む。
Cさまざまなコンテンツが用意されていて問題量が豊富。
 例えば英語では「教科書の単語・文法」「入門英文法」「基本文のまとめ」
 「長文読解」「英単語 高校入試重要600」「英熟語 高校入試重要300」
 「公立高校入試対策」「国私立高入試演習」「難関国私立高入試演習」
 と基礎から応用まで幅広く用意されている。

 

利用方法

1.太陽学院生はeトレが『使いたい放題』です。
  @授業の前後や授業のない曜日に「いつでも」「何時間でも」利用できます。
  A入試や定期テストなどテスト直前に集中して勉強したいときに特に威力を
   発揮します。
2.eトレは5教科に対応しています。
  @教わっていない教科も自分で勉強できます。
  A苦手な教科は前の学年にもどって復習することもできます。
3.eトレで印刷されるものには、次のような種類があります。


ラーニング・・・まとめと例題が書いてあります。

         理科や社会などは、ラーニングをまとめておいて、
         重要なところをマーカーでぬり、一度覚えてからステップに
         進むと効果的です。赤い下敷きをかぶせると文字が
         見えなくなるチェックペンを利用してもよいと思います。


ステップ・・・・練習問題です。このステップを解くことがeトレの基本となります。
リトライ・・・・ステップの復習問題です。
チェック・・・・この単元の確認問題です。
リチェック・・・チェックの復習問題です。
テスト対策・・・この単元のまとめの問題になります。(中学生のみ)
チャレンジ・・・応用問題(発展的な内容も含む)に挑戦できます。
4.eトレはいろいろなレベルに対応しています。

例えば中学の英語では
@教科書別に
   ◆教科書別に単語・熟語・重要表現を中心とした問題
   ◆教科書別に新出重要単語を暗記するための問題
   ◆教科書の重要ポイントを短時間に復習するための問題
A学年のまとめとして
   ◆基本文のまとめ
   ◆入門 英文法
   ◆長文読解
B高校入試対策として
   ◆英単語 高校入試重要600  英熟語 高校入試重要300
   ◆公立高校入試対策
   ◆国私立入試演習
   ◆難関国私立入試演習
     ・・・とさまざまな目的・レベルに対応したコンテンツを用意しています。
5.eトレは『定期テスト対策』に最適です。
  ○eトレにはたくさんの種類の問題がそろっていますので、
   テスト前に繰り返し勉強できます。
    ・特に理科・社会は普段からラーニングを利用してまとめておく。
    ・学校で勉強したらなるべく早くステップとチェックを済ませる。
    ・テストが近くなったらテスト対策を解く。
    ・余裕があったらチャレンジ(応用問題)を解いてみる。

 

 太陽学院の授業 → 学校の授業 → eトレのラーニングでまとめる →
 → eトレのステップとチェックを解く → 学院のテスト対策授業 → 
 → eトレのテスト対策を解く → eトレのチャレンジを解く  

 

  と何回もくり返すことで定着が図れます。